2013年04月01日

ムクナ豆の特徴

【ムクナ豆(八升豆)】は、
元々が熱帯の植物のため、温帯で夏が短い日本では栽培するのが困難。

そこで、たっぷく本舗が【ムクナ豆(八升豆)】に
ピッタリな栽培地として選んだのがブラジル。

【ムクナ豆(八升豆)】に一番最適な栽培地で
すくすく伸び伸び栽培する事に成功したんです。

ブラジルの肥栽培農家は厳選されており、常にコンタクトが取れる状態。

生産段階からも日々管理されているんです。

そして収穫後の加工は食品検査センターを併設する工場でされています。

遠い国ブラジルだからこそ、
安心して加工を任せられる工場が厳選されたんですね。

まさに、生産から加工まで一貫して管理されているから、
安心出来るムクナ豆(八升豆)を私たちの食卓に運ぶ事に成功した訳です。

⇒【ムクナ豆(八升豆)】の人気の秘密はココ!




posted by ムクナ豆(八升豆) at 09:00| ムクナ豆の特徴 | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

難病に【ムクナ豆(八升豆)】が効く!

パーキンソン病は、
神経伝達物質ドパーミンが不足するために脳からの指令が
身体に十分に届かず運動障害が出る難病です。

ドパーミンは、脳内の黒質細胞で生成されるのみ。

しかし、【ムクナ豆(八升豆)】なら
L-ドーパを天然成分で補う事が出来、
ドパーミン生成量を増やせるんです。

【ムクナ豆(八升豆)】なら
パーキンソン病の特効薬L-ドーパ製剤よりも
自然のものなので、安心だと評判なんです。

【ムクナ豆(八升豆)】は古代インドのアーユルベーダから
有効活用されていたというから、昔の人の知恵って凄いですよね。

ムクナのL-ドーパは、根や葉、さや、茎からも放出されていて、
虫や微生物、雑草を排除して天然の除草剤としても利用できるんです。

また、L-ドーパは土壌で素早く分解され、
後作に悪影響を与えず緑肥としての効果も実証されています。

⇒【ムクナ豆(八升豆)】の詳しい内容はコチラ!




posted by ムクナ豆(八升豆) at 21:19| ムクナ豆の効果・効能 | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

噂のムクナ豆とは?

【ムクナ豆(八升豆)】に含まれるL-ドーパは、
難病のパーキンソン病の症状緩和にも効くという事で、
今とっても話題を集めているんです。

うつ病やボケ防止
運動機能向上にも効くと言われています。

必須アミノ酸すべてをバランスよく豊富に含んでいるのも特徴。

【ムクナ豆(八升豆)】は古代インドから有効活用されており、
日本でも江戸時代までは栽培されていました。

しかし、日本の気候に合わなかったためか栽培が難しく、
豆が硬く調理しずらいという事で徐々に廃れていった様です。

別名ベルベットビーン(ビロード豆)とも言われています。

「アグロフォレストリー」(持続可能な農業)という点からも
最近注目されています。

たっぷく本舗の【ムクナ豆(八升豆)】は、
ブラジルの契約農家でたっぷりの愛情と手をかけて
こだわって栽培されているんです。

⇒【ムクナ豆(八升豆)】の詳しい情報はコチラ!




posted by ムクナ豆(八升豆) at 00:00| ムクナ豆の特徴 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。