2013年03月30日

難病に【ムクナ豆(八升豆)】が効く!

パーキンソン病は、
神経伝達物質ドパーミンが不足するために脳からの指令が
身体に十分に届かず運動障害が出る難病です。

ドパーミンは、脳内の黒質細胞で生成されるのみ。

しかし、【ムクナ豆(八升豆)】なら
L-ドーパを天然成分で補う事が出来、
ドパーミン生成量を増やせるんです。

【ムクナ豆(八升豆)】なら
パーキンソン病の特効薬L-ドーパ製剤よりも
自然のものなので、安心だと評判なんです。

【ムクナ豆(八升豆)】は古代インドのアーユルベーダから
有効活用されていたというから、昔の人の知恵って凄いですよね。

ムクナのL-ドーパは、根や葉、さや、茎からも放出されていて、
虫や微生物、雑草を排除して天然の除草剤としても利用できるんです。

また、L-ドーパは土壌で素早く分解され、
後作に悪影響を与えず緑肥としての効果も実証されています。

⇒【ムクナ豆(八升豆)】の詳しい内容はコチラ!




posted by ムクナ豆(八升豆) at 21:19| ムクナ豆の効果・効能 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。